小学校受験・幼稚園受験・小学生のプロ家庭教師。お子さまひとりひとりの個性に合わせたプロ家庭教師。それが「オンリーワン家庭塾ディアチャイルド」です。 サイトマップ
 
オンリーワン家庭塾 DEAR CHILD TEL 03-3773-3901 受付時間10時〜18時(月〜土曜日)
トップページ 家庭塾について コース案内 講師紹介 料金案内 お問合せ
体験授業のご案内
小学校・幼稚園受験
就学前学習・就学後学習
合格実績
Q&Aよくあるご質問
お問合せ・資料請求
プライバシーポリシー
会社概要
入会までの流れ

ディアチャイルドの授業風景

「あいさつの重要性 」
 

ディアチャイルドでは、どのコースでも授業始めと終わりに「ごあいさつ」を行います。
これは受験の面接試験においても重要なポイントなりますが、
社会性を身に付けるために「あいさつ」が最も大切だと考えるからです。
「お名前」「お年」 の他に 「好きな動物 」「好きな遊び」や「その理由 」なども相手の目を見て大きくしっかりした声で言えるように細かく指導いたします。
最初は少し恥ずかしくても 、的確な講師の指導で元気よく「ごあいさつ」したり、お話しすることが、楽しくなります。楽しくなることによって、お子さまの自信につながり、集中力が確実にアップします。

「巧緻性でのハサミの使い方について」
 

ハサミの持ち方、刃の開閉、連続切りはもちろん、紙を持つ手の位置や切る時の姿勢なども細かく丁寧にご指導します。
ディアチャイルドの指導方法は 、口頭だけの指導は致しません。
必ずお子さまの隣で手をとり、ご一緒に切るところから始めます。
そして、どのようにしたらきれいに切ることができるか、隣で見本を示しながら、お子さまに手の動きを繰り返し実感して頂きます。
下の3枚の写真をご覧ください。(4歳5ヶ月のお子さま)

@ 紙を持つ手が刃先にあります。これでは、危ないですし、紙が安定しません。
A すぐに自分から気づき、紙の下から手を持ちかえました。
B 自分から姿勢も正し、しっかり切ることができています。
きれいに切るためにはどうしたらいいか、自分で気づき、直すことによりお子さまは達成感でいっぱいになります。

@ A B
「ペーパー:数量の課題について」
 

小学校受験において、出題される内容をいくつかの領域に分けてみると、やはり「数」に関する出題が多く、「数」が小学校受験の中心課題であることに間違いはありません。
まず数量は、ものの数を数える課題(計数)を行います。
月齢の低い小さなお子さまで、数を数える問題が苦手なお子さまには、紙上だけでするのではなく、おはじきのように具体物を使って練習して参ります。
その場合には、まずおはじきを指で触って声を出して数えます。
次に、おはじきを触らずに、目で数える練習も始めます。
ペーパーでの計数では、
「規則正しく並んでいるものを数える計数」から、
「散在しているものを数える計数」へと進みます。
散在しているものを数える計数の課題を行う時にご注意する点は次の2つです。

下の2枚の写真をご覧ください。
@ 少ない数は一目見て数を理解できますが、多い数は必ず、紙面の上部から、順番に鉛筆などで印をつけていきます。
幼児教室によっては、「印をつけてはいけません」と指導している教室も
あるようですが、お子さまは、視線があちこちと移りやすいので、ものの端々までしっかりと見る能力が未発達です。見落としが無いようにするためには、印をつけて練習する事が第一です。
A 印をつけて数える時には、印と同時にもう片方の指で確認するようにします。

@ A
「ペーパー:四方観察について」
 

四方からの観察は、空間認識や論理的思考力を育てるために重要な課題です。いきなりペーパーに取り組むのではなく、まずは、実際に積み木を見てスケッチをしたり、写真に撮って観察するところから始めます。

「絵画について」
 

絵画はまず、模写をするところから始めます。
絵本の読み聞かせをしたあと、お子さまの一番好きな場面の絵を真似して描いて頂きます。
「色や形はよく見て、大きさなどは自分の指や手・クレヨンなどで長さを測って下さいね」と、お声掛けしながら行います。
模写をすることにより、あまり絵を描いたことがないお子さまや、苦手なお子さまも、とても集中して描くことができ、その出来上がりには、親御様もとても驚かれます。
このように、まずは絵を描くことの楽しさを味わって頂き、絵画の授業を進めて参ります。


「小学生の授業」
 
(小学校2年生の授業風景)

通学する学校の教科書に沿って、本人の習熟度に合わせ、授業を進めます。
もちろん、学校から出ているその日の宿題にも対応します。

算数は計算問題だけでなく、文章問題に強くなれるよう、ドリルや、問題集、プリントをまんべんなく行い、お子さま専用のテストを随時行い、やる気をアップさせメリハリをつけます。

国語はまず、「読む」「書く」に重点を置き、基礎を固めます。苦手意識の多い、長文読解には、問題文を文章の中から抜き出す方法や、問題を解くテクニックも当然教え込みますが、文章の構造を考えながら読むクセをつけ、内容を正しく理解できるように指導します。

「充実した毎回の授業」
 
(年少さんの授業風景)
(小学校1年生の授業風景)

全てのコースにおいても、お子さまのその日の調子やリズムに合わせながら、どんどんやる気を引き出していきます。
どのお子さまも1時間50分の授業のうち、5分間の休憩以外は、机に向かう事が苦にならないご様子です。楽しく集中しているので、毎回充実した授業内容となっています。

課題だけでなく、毎回の授業で気をつけたい事は机に向かう姿勢です。
写真のように良い姿勢で学べるよう、その都度ご注意いたします。

※お子さまのプライバシー保護のため、画像を修正しています。
 
トップページ 家庭塾について コース案内 講師紹介 料金案内 お問合せ プライバシーポリシー
Copyright © DearChild inc. All Rights Reserved.